📕「護られなかった者たちへ」中山七里(#1890)

a0344593_21591880.jpg





norimakiブログ最後の読書感想文はキリよく90冊目。
中山さんとなりました。

今年は結構中山作品を読んだような気がします。
もうそろそろいいかなぁと思っていたところで
テーマは重いものの、またまた面白いものに出会ってしまって・・・
やっぱ止められないか😂😂



仙台市の福祉保険事務所課長・三雲は誰からも善人と讃えられる男でした。
そんな彼が、手足や口にガムテープを貼らたまま放置され、
餓死死体となって発見されます。
怨恨や物取りの犯行とは考えにくく、捜査は難航。
それからしばらくして第二の事件が。
こちらも清廉潔白と評判の市会議員が、
三雲と同じ手口で餓死させられていました。
調べていくうちに、二人にはある期間、接点があることがわかり、
そこに一人の男が浮上します。


今回のテーマは社会福祉制度・生活保護のあり方を扱っています。
不正受給や貧困ビジネスが問題となる中、
本当に貧しい人が保護を受けられず、
凍死したり、餓死したり・・・。
生活困窮者の実態?がこれでもかと描かれます。
単なるサスペンスとしてはすまない、
社会福祉の間に潜む闇を描く社会派小説とも捉えられます。

これも中山さんは資料を当たらず、
新聞やニュースの記憶だけで書いたのかなぁ。
(と、また「中山七転八倒」を思い出してしまう)

一人の老婆の死を巡って起きた犯行の裏には
国の制度の矛盾に翻弄される、護られなかった人々の無念があったのですね。

七転八倒でネタバレなんぞ言語道断💢
と叱られたので、今回は明かしませんが
どんでん返しをお楽しみください。

あのヒトじゃないのはわかったから、ならあのヒトだろうと予想したけど
あのヒトがあのヒトとは・・・
ひゃぁ~~~、これでも喋りすぎたかも💦

最後のSNSで拡散された、犯行声明とも取れる一文が切ない(T_T)
御子柴センセ、弁護してあげて❣

[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by norimaki24 | 2018-10-30 19:07 | BOOK | Comments(0)

好きなことだけ全力投球「読書と旅とBIGBANG」を合言葉に日々の出来事を綴ります。旧ブログはhttp://non2.exblog.jp/


by のりまきんぱぷ
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31