観光地でもない宇部が楽しかったのは・・・

ホントにビールがすすむクンな毎日ですね。
いつもは350ml缶1本飲みながらご飯を食べるのですが
ところがココ最近、気がつけば食事途中で飲み干してて
あれ、もうない!?って感じです。







a0344593_21003023.jpg


ANAクラウンプラザホテル宇部から



さて、今日は山口は宇部のことを書こうと思います。

山口へは今年の2月にも観光で訪れていたのですが
その時は日本海側で萩・石見空港から。
今回は瀬戸内海側の宇部空港。

昼過ぎに到着したものの、この日はなんの予定もなし。
降りた途端の暑さに恐れおののいたのですが
せっかくなのでぶらっと宇部観光をすることにしました。

が、宇部市民の方には申し訳ありませんが
ネットでググってもこれと言ってそそられるところはありません💦
タクシードライバーさんが胸張って(張っちゃいないが)
「観光するようなところはないですよー」と言うくらいで😂

かろうじて紹介されていた「宗隣寺」と「ときわ公園」へ行ってきました。




a0344593_19400861.jpg

宗隣寺の御朱印と山門。
中国観音霊場の第十八番札所でもあります。






a0344593_19122695.jpg

庭園は築山泉水庭で「龍心庭」と呼ばれ、
山口県最古の庭園です(有料300円)。
平泉の毛越寺と宗隣寺のみに現存する南北朝時代の貴重な書院庭園だそうです。





a0344593_19463396.jpg

池の水、濁ってたし、、、
う~ん、norimakiにはわからん142.png



a0344593_19480749.jpg


5分もあれば見て回れると言ったドライバーさん、
あなたは正しかった😂





a0344593_19580598.jpg


こちらは「ときわ公園」です。
ここは文句なくきれいでしたよ。
時期が時期でなければゆっくり散歩したかった。
とにかくあの酷暑で人いないし、歩くには日陰少ないし。
でも常磐湖畔の木陰でちょっとウトウトしたけど
気持ちよかったなぁ~。




a0344593_20072165.jpg

「ときわミュージアム」っていうんで
どんなアートかと思ったら、植物館でした。
バオバブの木や、お猿の顔みたいな花や、木片に派手な色彩を付けたような花とか、
珍しいものがたくさん見れて楽しかったです。





a0344593_20140353.jpg


宇部は彫刻の街とも言われているらしく
ここにもUBEビエンナーレライブラリーがあったり、
街中にもあちこちに可愛いオブジェや、彫刻が飾られていました。





a0344593_20165905.jpg

夕飯はANAホテルのすぐ近くの「こてつ」というお店で。
苦手なイカでしたが、今まで泳いでいたのをおろしてもらって
コリコリ歯ざわりが美味しかったです。
ゲソ部分は揚げ・焼き・ゆでの好きな調理法でいただくことができました。

地酒の「雁木」がなかなか飲みやすくて
夫ドッコイと思わずお酒がススムくんでした。

この時はカウンターに案内されたのですが
隣り合わせた女性二人がナッシュビルから来たというアメリカ人。
年配の女性の方は30年前宇部で英語の先生をしていたということで
今回はそれ以来の再訪とのこと。

お互いに酔っ払った勢いですっかりおしゃべりしてしまいました。
で、彼女たちが一足先に帰るときに
「オアイソオネガイシマス」と。
あ、そうそう、その前に
私達のカウンターの中で一番近くで焼き物やらを担当してくれたのが
韓国青年だったんです。
彼はどうやら「おあいそ」ってのがわからなかったみたいで
しばし???だったのです。

こうなったら言うっきゃないでしょ。
「ケサネジュセヨ!」
思わず叫んでしまったら、やだ、通じちゃった。

「お客さん、韓国語習ったでしょ(^o^)」

片言英語に韓国語
すっかりトリリンガル気分で楽しかった~♪
旅の恥はかき捨てよ。

美味しいお酒と魚と楽しい会話で
ともかく初日 キブニチョアチョアでした。




[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by norimaki24 | 2018-07-18 21:10 | 旅行全般 | Comments(0)

好きなことだけ全力投球「読書と旅とBIGBANG」を合言葉に日々の出来事を綴ります。旧ブログはhttp://non2.exblog.jp/


by のりまきんぱぷ
カレンダー