📕「幻夏(げんか)」太田愛(#1813)


a0344593_17445387.jpg



デビュー作「犯罪者」(感想文★)でガッツリ心捕まれ
一作にして大好き作家さんになった太田センセの第二弾(^_^)v
やっと手元に届きました。
犯罪者のあの3人が帰ってきました。

鑓水さんは怪しげな興信所のショッチョさんw
修司はそこでアルバイト。
亜蓮ちゃんとはまだうまくいってるみたいで良かった。

そして期待通り👍
本書も一気読みでした。

前作では大企業の隠蔽が引き起こす連続殺人でしたが、今作は冤罪。
このテーマ、norimaki読書履歴の中では結構多い。
読後のたびに強い憤りを覚え、心は疲弊するのですが
何故か読んでしまう。
そんな中でもダントツの面白さです。
まさかの相馬の過去が絡んでくるとは・・・

因みに相馬は刑事課から左遷されて交通課刑事。
今回の捜査は応援要員の立場ということで
前作よりさらに立ち位置不安定。
相変わらず孤立無援の中、
科学警察研究所の倉吉だけが味方だと思っていたのですが・・・

相馬涼介好き💖
なんか、竜崎と同じ匂いがする(*˘︶˘*).。.:*♡
末永く見届けたいです。

やっぱり太田センセの文章は映像が浮かぶなぁ。
序章からすでにいいですよね。
なんとも昭和チックな少年の夏休みの光景。
ミステリーなんだけど心に沁みるのよねー。
やるせないなぁ
切ないなぁ


***


と、ここからは本とは関係なく、かつ長くなるのですが。。。

先日落とし物を拾ったのです。
ずっしり重いカバンです。
拾ったというか、ずっと何日もとある場所に放置されたままでした。
気になって、勇気を出して(ホント、勇気よ)中を開けました。

いろんなものが詰まってました。
とりあえず目についたのは分厚い長財布。
なんでそんな大事なものがここにずっと置きっぱなのか・・・

日頃ミステリーばかり読んでいると深読みしちゃうんですよね。
何か犯罪がらみではないんだろうか・・・とか。
いろいろ不自然すぎて、気味が悪いので警察に電話しました。
対応した警察官、最初は最寄りの交番へ届けて下さいって言ったのですが
そんなわけわからないもの持って歩くのは嫌だったので
家まで取りに来てくださいとお願いしました。

数分後、やって来たおまわりさんにカバンを引き渡し、
一緒に中身を確認しました。
誰の財布にもあるもので、失くしたら真っ青になるものばかり。
現金は小銭のみでしたが、最初からそうだったのか
あるいは札のみが抜き取られたのかはわかりません。

落とし主が現れても連絡先は教えるな、
また、こちらへのその後の経過も一切知らせてくれるなと伝え、
ようやくホッとしました。

さて、以上は我が家の超スモールサイズの玄関でのやり取りでした。
最後にここへサインをってことで、
夫ドッコイの酒半ダースが入ったダンボールの上に調書を乗せたおまわりさん、
ついいつもの交番での癖が出ちゃったんですかね。
「狭くてすいませんね」って言ったんです😂😂
てか、オイ、うちの玄関だから。
それ、アンタが言うことじゃないから。
おもいっきり突っ込もうとしたけど
そういうユーモア通じなさそうな人だったんでやめました。
関西人だったら笑えるリアクションしてくれただろうになーwww

って一体何の話?
ミステリアスなんだかお笑いなんだかわからない余談でしたm(_ _)m

[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by norimaki24 | 2018-02-21 19:58 | BOOK | Comments(0)

好きなことだけ全力投球「読書と旅とBIGBANG」を合言葉に日々の出来事を綴ります。旧ブログはhttp://non2.exblog.jp/


by のりまきんぱぷ
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31