マングローブから砂山ビーチへ(島時間に癒やされて⑥)

宮古島最終日の後半です。
宮古神社から川満(かわみつ)マングローブへと向かいました。

マングローブって、固有の植物の名称だと思ってましたが
そうではなくて、河口や海の汽水ギリギリのところに自生する植物の総称でした。
モノ知らぬで(^_^;)

そんなマングローブの林ということで
勝手にジャングルジャングルしたところを想像してましたが
遊歩道に沿ってマングローブを見て歩くという、
いたって穏やかな散歩道でした。



a0344593_10095732.jpg

マングローブの根っこは自然のフィルター。
汚水が直接河や海に入り込まないようになってるんですねー。
うまくできてるもんだ。


a0344593_10144470.jpg

ここいらで行き止まりだったかと。
ほんと、水がかなり浄化されてる。
この先は川満漁港となってました。


続いてはここからすぐ近くの宮古サンセットビーチへ。


a0344593_10281952.jpg

目の前は伊良部大橋。



a0344593_10311712.jpg

遠足気分で、海辺に来たらおにぎり食べないと。
もちろん沖縄限定のポーク玉子さぁー。



a0344593_10304949.jpg

それにしても、人がいなくてホーントにきれいなビーチ。
サンセット見れないのが残念です。




a0344593_10310736.jpg

いくらでもボーッとしていられそうな島時間を堪能。

しかしながら、確実に飛行機時間は迫ってくるし
幸い☀はジリジリとしてきたしで、
最後のインスタ映え名勝地「砂山ビーチ」へと向かいます。


a0344593_10440478.jpg

名前の通り、白砂が続く道を歩きます。
行きはまだ下りだから良いのよぉ。
砂が細かいので、すでにスニーカーの中はジャリジャリ。



a0344593_10525550.jpg

でも頑張ればこんな景色が。
トンネルの向こうに宮古Blue✨✨
ス、ステキだ。
それにしても波がワイルドだ。
宮古島へ来て初めての危険な🌊に遭遇。


a0344593_10551582.jpg

分かりにくいですが、波打ち際にいると足、さらわれそうです。
ところが、その話を5月に行った人にしたところ、全然穏やかだったと。
うーん、時期によってなんですかね。
ただひたすら美しく、優しかったり、時には思いっきりワイルドで
まるであの方のような・・・157.png
ということで、この日から砂山ビーチはジヨンビーチとなりました。
↑アッホー119.png


a0344593_11232569.jpg

戻り道、後ろを振り返れば・・・
上り坂の砂道が地味に辛かったぁ👣




a0344593_11351921.jpg

バイバイ(^.^)/~~~宮古島
とその前に、沖縄行ったら絶対に食べねばのエンダーのハンバーガー。
空港内でオリオンの生とともに。

帰りは定刻の18:40発。
離陸着陸態勢を除けば、正味のフライト時間は30分ほどで那覇空港着(*^^*)



a0344593_11301730.jpg

しかも、機内ガラガラGo103.png
ここまで空いてるのは初めてかも。



a0344593_11325279.jpg

さらにしかもで、まさかの那覇空港ではバス移動でした。

そしてほとんど待ち時間無しで乗り継ぎ、
極寒の羽田空港へと戻ってきました。


🌴 🌴 🌴


以上、二泊三日の宮古島旅行記は終了です。
本島とは違ってとにかくのんびりしてるので
アタマもコロロも身体も思いっきり弛緩状態。
まさに島時間に癒やされた3日間でした。

書きながら改めて旅行サイトなんぞをのぞいたんですが
あら、こんなところが
まぁ、そんな場所が
まだまだ知らないステキがたくさんありました。
いいなぁ~、行きたいなぁ~。
ってことで、いつの日か分かりませんがリピート願望です。

もっと若いときに来たかったわ。


長々と読んでくださった方、ありがとう。
3日間ドライバーしてくれた二人の友人にもありがとう。



[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by norimaki24 | 2018-02-03 12:17 | 旅行全般 | Comments(0)

好きなことだけ全力投球「読書と旅とBIGBANG」を合言葉に日々の出来事を綴ります。旧ブログはhttp://non2.exblog.jp/


by のりまきんぱぷ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30