Last Dance東京1-Day@東京ドーム


a0344593_10583545.jpg
a0344593_10584553.jpg

本日恒例のBIGBANG休暇頂きましたnorimakiです。

本当に楽しくて幸せな2日間でした。
特に
散々聞かされていたとおり
ジヨンの可愛さが炸裂でした。
スーパーサイヤ人がミラクルスーパーサイヤ人として
norimakiの前に現れました。

それではそこメインに2日間を振り返ります。

1日目
メインステージのほぼセンター寄り。
前から2ブロック目の最前列、ムビステ側の一番端っこでした。
なので肉眼でバッチリ。
スクリーンはほとんど見ず、ずっと生ジヨンを追っかけました。



a0344593_11514077.jpg

Super Star歌ってからのMC。
🐲>皆さん、楽しんでますか?
そう?良かったね、うれしい。

つぶやくように話しながらサングラスを取ると
「キャー」の歓声がすごい(もちろんその一人だが)
そのままスルーかと思ったら、またボソボソと

🐲>えっ?さっきも見たジャン。
フツーね。

↑うそだね、絶対取る場所も計算してるくせに😂
なんてことは思わずに
あなたがやると、フツーじゃなくなるところが
スーパースターなんですよ!

「無題」の前
🐲>オレ、ラーパージャン。
でもなんかぁ、この曲、ずっと歌う感じ、でしょ
だから、毎日、今日は(うまく)出来るかなって、不安です。
今日、頑張ります、聞いてください。

もう、ソロワールドツアー15カ国で歌ってきたくせに。
でも、これを言っとかないと
最後にあれをつぶやけないからね(*^^*)
可愛いなぁ。



大きくため息を付いたあと
「やった。。。」
暗転の中、余韻を残しながら奈落へ降りる( ´Д`)=3。。。
かっこよくて、切なくて、
もうため息しか出てきません。


が、この流れを見事にひっくり返してくれるテソンの世界も
別の意味ですごい。
しかも、たまたまスクリーンに目を転じたら
ちょうど腰を90度ぐらいに反らせたところで
ちょっとやばいヨ、その位置でその体勢
テソンのテソン君が目前にドーン
これがホントのDカップ?←やめろて
👀(*^^*)👀
近すぎて大きすぎるスクリーンも考えものですが。。。ごちそーさまでした105.png


この日の一番の萌えどころといえば
本編での最後のMCの時です。
珍しく自由なジヨンが炸裂しました。



a0344593_14370200.jpg

このPicかわいいよねー💕💕💕
何してるんだろ、って思いますよね。

ジヨン、首に巻いてたチョーカーを外したので
あ、またスンリの首に回すのかな?と思って見てましたら
外したチョーカーを弄んだり
髪の毛くしゃくしゃいじったり
相変わらず落ち着きません。

このチョーカーを手首に巻いたらオシャレかも~🎵
こうして二重に巻きつけてと。。。
あれ、とめられない
自分じゃうまく出来ないなぁ
テソン、テソンってばぁ
これ巻いてくれない?

やさしいテソンですから、
なんで今💢なんてことは思わずに
自分のマイクを左脇に挟み
結構手こずりながらも巻いてあげました。
ところが少しすると、それを外してしまいます。

うーん、外したけど、やっぱりブレスにしーよぉっと
今度は頑張って自分でやろう
あー、でも片手でつけるのむずかしいね
ねー、テソン、テソンってばぁ
もっかい巻いて、ごめんね

テソン💢💢(なんで外すんですかっ!)
なんて思ったとしても顔には出さず
(もー、ジドラゴンさんてばぁ)
笑顔で、頭くっつけんばかりにやりにくそうにはめてあげました。

MC中の🐼>オレの話を聞け💢💢💢
なんやってんだよ、さっきから
二人でコソコソと133.png


a0344593_15190600.jpg

因みに青文字部分はnorimakiの妄想ですが(わかるって)
ま、内容的にはほぼ間違ってない気がします😂
ジヨン、女子みたい。
とにかく、この一部始終が死ぬほど可愛かった。
こういうのを目の前でしっかり目撃できた幸せ。

女子と言えば、このベルベットなヘチマ襟のお衣装が
アンティークぽくてステキでした。
ウエストがキュッと絞ってあり、
ボタンをしてるとワンピースのように見え
女の子みたいですごく可愛いの。
ボタンホールが右側だったのでヨジャ物ですね。
こういうの似合うなぁ。

続いて2日目に、と思ったのですが
ちょっと長くなったのでいったんここで。




[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by norimaki24 | 2017-12-08 15:45 | BIGBANG | Comments(0)

好きなことだけ全力投球「読書と旅とBIGBANG」を合言葉に日々の出来事を綴ります。旧ブログはhttp://non2.exblog.jp/


by のりまきんぱぷ