📕「政と源」みうらしをん(#1757)

a0344593_21150166.jpg




登場人物、御年73歳の下町の爺さん二人。

政こと国政(くにまさ)。
大学を出て銀行に勤めていた仕事人間。
定年退職した途端、妻は政を見限って娘夫婦のところに居候中。
一人暮らしが寂しくて、ちょくちょく幼馴染の源のところに遊びに行く。

源こと源次郎。
学歴はないが、つまみ簪職人としての腕は一流。
愛妻に先だだれてからは一人暮らしだったが
押しかけ弟子の撤平の面倒を見ている。
禿頭にわずかに残った毛を派手な色に染めるのが好き。


一章目、元チンピラの撤平の昔の仲間を追い払う話を読んで
有川さんの「三匹のおっさん」のようなものを想像したら
その後は違ってました。

お硬い爺さんと型破りな爺さんが繰り広げる日常の物語。
性格は正反対だけど、なんとなくウマがあうって設定はよくあります。
それなりにクスリとさせられる部分は多々ありますけど
全体にライトな感じ。
おもしろいけど、わざわざ買ってまで読まなくてもいいかなー。

下町のおじいちゃんはかわいい。
べらんめえ口調といい、亡くなった爺さんを思い出したわ。


☆:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:☆
c0096685_15565542.jpg
↓please click
◆飲食・風景・日常◆
❤BIGBANG❤
☆:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:☆

[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by norimaki24 | 2017-08-06 21:23 | BOOK | Comments(0)

好きなことだけ全力投球「読書と旅とBIGBANG」を合言葉に日々の出来事を綴ります。旧ブログはhttp://non2.exblog.jp/


by のりまきんぱぷ