📕「花競べ~向嶋なずな屋繁盛期」朝井まかて(#1753)

a0344593_20260976.jpg






相変わらずnorimakiのまかてブーム続行中です。
旅のお供に選んだのは「花競べ」。
結構色々読んだ気がしましたが
なんと、こちらがまかてセンセのデビュー作だったとは!
すば、すば、すば、すばらしい~(以下関係ないので割愛)


江戸は向島(向嶋)で「なずな屋」という種苗屋を営む新次とおりん。
新次の花師としての腕の良さと
おりんの描く「お手入れ指南」など
誠実な商いで店は小さいながら上々の信用を得ています。

おまけに新次ってば超イケメンだから、どの姐さんもついつい流し目で・・・
ところが新次のほうは全く関心なし。
色目を使われるとやりにくくて仕方ないから
おりんに任せちゃったりするウブさがたまりません。
う~ん、大好物のキャラだ💕

その他のキャラクターも個性豊かで魅力たっぷり。
若旦那の辰之助も好きなタイプだわ。
もちろん男性ばかりじゃありません。
むしろ、女性たちのイキがいいのよ。
ってぇと、語弊があるのだけど
なよなよ、ヘニョヘニョがいなくて
誰もが一本筋が通ってるというか。

新次が一回だけホニャララしてしまった霧島屋の理世。
(いいよ、これだけは許すよ)
男勝りのお袖もいい味出してるし、
お袖さえもが憧れる吉野太夫の凛とした気質もほれぼれ。
それぞれが人間味豊かに描かれていて
キャラ読みとしては誰も彼もに感情移入できて、もう言うことなし。

このままずっとシリーズ化して、って願いたかったけど
時を経ての終章がお見事すぎました。

吉野と若旦那はひょっとしたらって、
悲しい予想が当たってしまったのが残念でしたが
最後を「雀」で終わらせたところがとてもよかった。
あんなに可愛かったちゅん吉君が・・・(母目線)

花オンチなので、名前をググりながら
四季折々の草花の様子を想像したり
ほーんと、楽しかったなぁ。
桜の時期に再読したい。

ほっこりして静かな余韻に浸りながら本を閉じました。
心が浄化された気分でした。


☆:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:☆
c0096685_15565542.jpg
↓please click
◆飲食・風景・日常◆
❤BIGBANG❤
☆:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:☆


[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by norimaki24 | 2017-07-25 20:33 | BOOK | Comments(0)

好きなことだけ全力投球「読書と旅とBIGBANG」を合言葉に日々の出来事を綴ります。旧ブログはhttp://non2.exblog.jp/


by のりまきんぱぷ
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31