NEW POST

📕「あきない世傅金と銀<三>奔流篇」髙田郁(#1716)

a0344593_10320603.jpg




2日続きの読書感想文。
そして2日続きの大好き作家さん。

今回、図書館ゲット早かったですよ。
発売日情報得たその日に紙予約。
そしたらなんと一番でした038.gif
因みに現在の予約状況を見てみたら、89人待ち。
意味のない確認すな、って感じですが
こういうことでより一層満足感を得るnorimakiです 004.gif

さて、そんなどうでもいい情報はさておきまして、感想文です。
ちと、ネタバレもありますので未読の方は要注意。



前作に比べるとドヒャー(@_@;)な展開はありませんでしたが
安定の満足感、面白さでした。

「幸を娶ることを条件に、五代目を継ぐ」という
惣ぼんさんの爆弾宣言で終わった第二巻でした。
悩んだ末に幸は「不束かですがよろしくお願いします」と返事をするんですね。
そう決意させたのは、治兵衛さんの
「今は『商い戦国時代』やて思うてるんだす。
お前はんは、戦国武将になれる器だすのや」
の、言葉が頭にあったから。
幸は、その戦国武将とやらになってやろうと決意するんだすなぁ。
(って、こっちまで大阪商人弁になっちまいやしたぜ)

てなわけで、五代目徳兵衛となった惣次さん。
幸のトンチンカンな質問に優しく応えるし💕
キレのある発言には真剣に対応するし💕
なんだかラブラブじゃない。
そして、5年後には五鈴屋を江戸に出店するという目標に向かい
どんどん新しい改革を進めていきます。
とまぁ、ここまでは良かったんですが・・・

終盤になるに連れて
「お前はオレの陰に控えておれ」的な発言が鼻につくようになります。
挙句の果てに早く子を産めとかね💢
言い換えれば幸の商才に嫉妬しての惣次さんの焦りなんですけど。
ムムッ、やっぱ小さいやつだったか💦
惣次さん株が上がったり、下がったりのハイ&ロー。

せっかく幸のアイデアで江州(近江国・滋賀県)波村に
独自の反物ルートを軌道に乗せた五鈴屋ですが
惣次の冷酷な仕打ちに波村の人々が大反発。
縁を切るとも言われ最大のピンチ!
そこで幸が放った案は・・・

ここから先は内緒にしときますね。
しかし惣次さんどう出るかなぁ。
またしてもいいところで続きになってしまうんだねー。
二人の仲が上手く修復されればいいんだけど。
惣次さん、悪人ではないはずだから。
そう信じて次巻に期待したいと思います。

ほーんとおもしろいわ。


☆:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:☆
c0096685_15565542.jpg
↓をクリックしてください
◆飲食・風景・日常◆
❤BIGBANG❤

[PR]
Commented by shilave at 2017-03-05 18:23
それではわが市の状況を報告しますと
所蔵件数:24件  予約件数は254でした(><)

ラブな描写がかつてなかっただけにドキドキもした三作目、
ぶっちゃけ(要らん・・)と思ったりしたけど
流れ的に無理もあるし我慢した笑。

輪郭だけだったそれぞれのキャラもイメージングできてきました♪
幸は誰にしようかな(女優模索中)
惣次はんは、45年程前の曾我廼家文童(^_^;)
祖母に連れられてしょっちゅう松竹新喜劇を見てたんで
(でももっぱら番頭役だったような)

一番気になる智蔵さん。(誰にしよかな)
ずっと影になって助けていくのでしょうか
まぁ智さんと一緒になってれば物語はおもしろくもなかったでしょうし
やきもきするのが楽しいです


Commented by norimaki24 at 2017-03-05 20:50
> shilaveさん
さすがに大阪市ともなると広いから所蔵も予約もすごい。
ちなみにわが区は所蔵8冊です(^_^;)

そうそう、ドラマ化されたらって考えちゃいますよね。
けど、今回誰も思い浮かばない。
20と27歳って誰あたりが妥当なのかさっぱり。
曾我廼家文童ってのは知らんわ。笑笑

澪ちゃんのときよりも展開がスピーディーなので
半年待たされてもさほどダメージない気がするんだけど。
同じく髙田さんの「ふるさと銀河線」というのを借りてみました。
ひょっとして読まれた?
短編集でかつ現代小説ってどうかしらね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by norimaki24 | 2017-03-05 12:12 | BOOK | Comments(2)

norimakiです。ブログ11年目、アカウント変わって続編になっても相変わらず「読書と旅とBIGBANG」を合言葉に日々の出来事を綴ります。旧ブログはhttp://non2.exblog.jp/


by norimaki